雪月花のことば辞典

雪月花のことば辞典

編著: 宇田川 眞人
1,760円(税込)
発売日2021年01月22日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044005986
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 688ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 24.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

「雪月花」にまつわる2471語を一冊に!俳句短歌愛好者も必携の辞典。

雪月花――日本の自然美を代表する「冬の雪」「秋の月」「春の花」を並び称したことばには、人びとの心情や文化と歴史が結晶している。淡雪・香雪・細雪、月夕・月白・寒月、花衣・花筏・花守……。古今東西の四季と暮らし、祭りや習俗、詩歌や伝説等に触れながら、ことわざやコラムを含めた全2471項目を三部構成で紹介。俳句や短歌など創作の「ことば探し」にも最適。日本人の美意識にふれる極上のことば辞典!文庫書き下ろし。

著訳者プロフィール

●宇田川 眞人:1944年東京生まれ。早大政経卒。1969年講談社に入社、学術書・全集・辞典の編集に従事。退職後、編集者・文筆業。著書に『日本に碩学がいたころ‐‐丈高く柄の大きな学問のために』(三恵社)、『風と雲のことば辞典』(共著 講談社学術文庫)。編集書に『雨のことば辞典』(講談社学術文庫)。

目次

雪月花の勢揃い──「まえがき」に代えて
凡例

雪のことば 付霜と氷のことば
はじめに 雪──天から送られた手紙
コラム
雪・霜・氷のことわざ・慣用句

月のことば 付星のことば
はじめに 「来世は月をたがやさむ」──日本人の月旅行と宇宙大航海時代の始まり
コラム
月と星のことわざ・慣用句

花のことば
はじめに 花はいつも人に寄り添い心を癒す
コラム
花のことわざ・慣用句

参考文献
あとがき
最近チェックした商品