カラ売り屋vs仮想通貨

カラ売り屋vs仮想通貨

仮想通貨は、夢の通貨か、悪魔のカジノか!?
著者: 黒木 亮
定価: 2,090円(税込み)
発売日:2021年08月27日
元官僚の日本人と2人のアメリカ人が運営するウォール街のカラ売りファンド、パンゲア&カンパニーが、新たに3つの日本企業に照準を定めた。狙われたのは、濡れ手で粟の利益を上げる仮想通貨交換業者、グレーゾーンぎりぎりの会計手法で生き残りを画策する巨大航空会社、業界にEV旋風を巻き起こす新興電気自動車メーカー。財務諸表を徹底的に読み込み、株価を下げようとするパンゲアを、追い込まれた企業がマージン・コールで締め上げる――。金融ジャングルの勝者は、果たしてどちらか!? 「仮想通貨の闇」「巨大航空会社」「電気自動車の風雲児」三編を収録。
  • ISBN コード : 9784041097724
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 424ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 30.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●黒木 亮:黒木 亮:1957年、北海道生まれ。カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社を経て2000年、大型シンジケートローンを巡る攻防を描いた『トップ・レフト』でデビュー。著書に『巨大投資銀行』『エネルギー』『鉄のあけぼの』『法服の王国』『冬の喝采』『貸し込み』『カラ売り屋』など。英国在住。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品