江戸のコレラ騒動

江戸のコレラ騒動

庶民の記録を手がかりに、招かれざる侵入者コレラを通して幕末日本を描く。
著: 高橋 敏
定価: 1,100円(税込み)
発売日:2020年12月24日
黒船来航直後、幕末の江戸を大地震が襲った。安政5年、これにコレラが追い打ちをかける。3日で死ぬといわれたコレラ。それを操るとされた悪狐を倒すため、強い霊力を持つ御神犬や御札を求め、さらには京から神社を勧請。無礼講の祝祭に走った。当時の人々がどのようにコレラと闘ったのか、東海の村に残る記録から再現。民衆の迷信と笑えない。新型コロナ騒動を彷彿とさせる、おかしくもたくましい庶民たちの姿を活写する。
  • ISBN コード : 9784044006402
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●高橋 敏:1940年静岡県生まれ。国立歴史民俗博物館名誉教授。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。群馬大学教育学部教授、国立歴史民俗博物館教授、総合研究大学院大学教授を歴任。文学博士。専門は近世教育・社会史、アウトロー研究。著書に、『日本民衆教育史研究』(未来社)、『国定忠治の時代』(ちくま文庫)、『江戸の教育力』(ちくま新書)、『江戸の訴訟』『清水次郎長』『一茶の相続争い』(岩波新書)、『清水次郎長と幕末維新』(岩波書店)、他多数。

1 名主の見た幕末の「不安」

2 コレラの恐怖と妄想

3 京都・吉田神社を勧請する

4 アメリカ狐と三峯山御犬拝借

5 江戸のコレラ騒動ござ禦ぎから祝祭へ



販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品