徹する力 “らしく”生きるための考え方

徹する力 “らしく”生きるための考え方

元サッカー日本代表・明神智和が語る、コツコツと役割を全うする黒子の哲学
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2021年02月26日
サッカー日本代表、ガンバ大阪、柏レイソルなどで活躍した明神智和の初の著書。

学生から社会人まで、ビジネス、スポーツ、学業……
日々の活動でポテンシャルを最大発揮させる“黒子の哲学”を大公開!

・「まずはやってみよう」のマインドで取り組む
・「“できるだけ”チャレンジする」くらいの心持ちでいい
・自分の力とかけ離れたレベルは選ばない
・ライバルは据えるが、自分とは比べない
・「受け流せる」強さが自分らしくいるための手段になる
・できるだけ多くの「パターン」を自分に備える
・最悪の状態まで落とせば、あとは上がるだけ
・「自分で変えられる」ことにエネルギーを注ぐ
・不得手なことがあるから、得意なものを見つけられる
・過去にとらわれず、「今の自分」を信じる
・「完璧が疲れる」なら、「逃げ道」を持っておいてもいい

自分の「生きる道」を見つけて
コツコツと成果を積み重ね、自信を深める思考法の数々。

【目次】
■第1章 「心の持ち方」を見つめ直す
■第2章 「行動」に磨きをかける
■第3章 「身体的準備」にも徹する
■第4章 「自分」を受け入れる
  • ISBN コード : 9784046051288
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 13.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●明神 智和:1978年、兵庫県神戸市生まれ。柏レイソルユースを経て1996年にトップチームへ昇格、Jリーグデビュー。1999年にクラブ初のタイトル、ナビスコカップ優勝を果たす。Jリーグ・ベストイレブンを受賞した2000年には、U-23代表、A代表に選出され、シドニーオリンピックでのベスト8進出やアジアカップ優勝に貢献。2002年の日韓ワールドカップも主力として活躍し、ベスト16に進出。2006年に移籍したガンバ大阪でも数多くのタイトルを獲得した。2019年に現役引退。現在はガンバ大阪ユースのコーチを務めている。

■第1章 「心の持ち方」を見つめ直す
「負けたくない」ではなく「勝ちたい」
なんでも「やってみる」
かけ離れたレベルのチームは選ばない
「できた!」をたくさん見つける
「腹が立つ!」はプラスのエネルギーにする
自分にかけられている「お金」への意識を持つ
ミスは、時に流し、時に受け入れる
現実を「受け流せる」強さを持つ
どうせやるなら前向きに!
ダメなときはどうする?
固定観念は悪だ
ライバルは据えるが、自分とは比べない
「好き」という気持ちを大切にする

■第2章 「行動」に磨きをかける
自分の選択に責任を持つ
迷ったときには大変なほうを選ぶ
チャンスを引き寄せる準備を続ける
時間は自分で作る
監督の考えをまずは受け入れる
「人」を知ろうとする
大一番への向き合い方
考えてプレーする
言葉かけは、相手に応じて、端的に!
熱を持って真摯に向き合う
視野を広げるために意図的に見る
天才は有限、努力は無限

■第3章 「身体的準備」にも徹する
疲労はその日のうちに取り除く
食べることも力にする
眠れないときは自分を違う世界へ誘う
最悪まで落とせば、あとは上がるだけ
試合に臨む自分を「整える」

■第4章 「自分」を受け入れる
何が得意か、不得意かを自覚する
サッカーを「見る」ことも力にする
自分を切り替える「逃げ道」を持っておく
サッカーはオーケストラ
プレーの「パターン」を増やす
自信がないときには「いいプレー」を見返す
自分が活躍できる場所を見つける
コンプレックスを武器にする
鈍感力も大切に
ボランチは天職
今が自分の「ベスト」だと考える
どのステージでも成長はできる
「引退」の決断


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品