暮らしを変える書く力

暮らしを変える書く力

読むだけで、相手に気持ちが伝わる「文章力」がつく本
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2021年04月01日
会いたい人に会えないことが多くなった昨今、コミュニケーションに必要なのは「言葉」です。
SNSやインスタグラムなどが浸透し、誰もが「書き手」であるからこそ、誰かに届く言葉を持つことは、今後の人生を左右します。
本書では、「暮らしのおへそ」などで、多くの女性から支持を得ている著者が考える、伝わる文章の書き方をまとめました。
SNSはもちろん、手紙、誰かに何かを頼むとき、何かを謝罪するときなど、言葉が重要になるシチュエーションはたくさんあります。
心を込めるのはもちろん、相手に届く言葉とは何かを深く考えた1冊です。

<こんな人に>
・文章を書くのが苦手だ
・手紙やメールをよく書くが、相手に伝わっているか自信がない
・SNSをやっているがフォロワー数が伸びない
・本を読むのが苦手だ
・誰かに仕事を依頼することがよくある
・よく言葉遣いを注意されることがある

  • ISBN コード : 9784048969482
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 188 × 12.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●一田 憲子:編集者、ライター。OL生活を経て、編集プロダクションに転職後、フリーライターとして数々の書籍や雑誌で執筆。ムック「暮らしのおへそ」「大人になったら着たい服」(ともに主婦と生活社)では企画から編集までを担当。独自の視点や切り口で取材者を丁寧にインタビューすることに定評があり、たくさんの読者から支持されている。自身のホームページ「外の音 内の香(そとのね、うちのか)」(http://ichidanoriko.com/)でも、暮らしの知恵を綴っている。

1章 「書く」ってどういうこと?
2章 日常の中の言葉
3章 「聞く」ことは「書く」こと
4章 「言葉」による刺激
5章 書くことで自分の内面を掘り起こす


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品