カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

世界はとつぜん変わってしまう? もし、「あたりまえ」の毎日が、ある日とつぜんうしなわれたら?をかんがえる本。

文: 百瀬 しのぶ
絵: なみごん
814円(税込)
発売日2022年02月09日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046320841
  • サイズ :新書判    総ページ数: 232
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 112 × 173 × 13.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

世界がとつぜん変わってしまうような出来事に、 どう向きあったらいい?

食べもの、いつも着てる服、お気に入りのかばん。家、かぞく、友だち。学校生活に、行事に部活。
もし、ある日とつぜん、ぜんぶなくなってしまったら……そう、考えたことはありますか?
2011年3月11日。ここ・日本で起きたとても大きな地震、東日本大震災は、多くの人の「あたりまえ」をうばっていった災害でした。
世界がとつぜん変わってしまうような出来事に、どう向きあったらいいのでしょう? 小学生のダイキ・ミサキといっしょに話をきいて、考えてみましょう。

著訳者プロフィール

●百瀬 しのぶ:作家・ライター。主な作品に『レシピに託した料理人の夢 難病で火を使えない少年』『恋する5ページ名作 ‐嘘からはじまるロミジュリ片思い‐』『この学校に、何かいる』、『世界を動かすことば 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(すべて角川つばさ文庫)などがある。ノベライズ作品に、「悪夢ちゃん」シリーズ、『ももへの手紙』(ともに角川つばさ文庫)、『おくりびと』『海街diary』(ともに小学館)など多数。ノンフィクションライターとしても幅広く活躍する。

目次

プロローグ ダイキとミサキの話


第一章 震災の日――お話をしてくれる人 雁部那由多さん

1 地震発生
2 避難開始
3 津波がきた
4 目の前で人が流された……
5 家が、車が、流されていく
6 地震の日の夜
7 流された人を捜しに行く
8 避難生活三日目
9 支援物資が届くようになる
10 学校が始まった
11 ぼくたちは「被災組」
12 お弁当がない
13 震災の話は口にしない
14 中学での生徒会活動
15 はじめて震災の話をした日
16 震災の匂いのしない土地へ
17 語り部の、二人の仲間
18 高校生活がはじまった
19 ぼくらにも震災以外の思い出もある
20 大学での研究

雁部那由多さんに質問してみよう



第二章 震災後の生活――お話をしてくれる人 小林純子さん

 ◆ ユウカの話
1 津波ごっこなんかしないで
2 つらい気持ち、口に出しちゃダメなの?
3 遊び場ボランティアの人がやってきた
4 震災後、初めて友だちと話した

 ◆ マコの話
1 おじいちゃんに会いたい
2 みんなみんな、イライラしてる
3 本当に欲しいものはここにはない
4 私たち、誰もがみんなたいへんだから
5 がまんしてる気持ちをぶつけたいけど……
6 いつかは私も誰かの居場所を作ってあげたい

 ◆ ケイタの話
1 お父さんが帰ってこない
2 ボールに怒りをこめて
3 オレのほんとうの気持ち

小林純子さんに質問してみよう



第三章 これから――お話をしてくれる人 阿部 彩さん

1 たとえ災害がなくても
2 きっかけは疑問
3 「貧困」ってなんだろう
4 震災を境に
5 「社会的包摂」

阿部 彩さんに質問してみよう