すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫

すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫

絵を楽しみながら、虫の生態を学べる! 昆虫博士・丸山宗利先生もオススメ
作: じゅえき太郎
監修: 須田 研司
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2021年06月14日
●夜に活動する虫たちは、昼間はどうしているの?
●トンボが水辺を飛んでいるのはなぜ?
●音、光…虫たちのコミュニケーション方法は? etc.

この一冊を読めば、キミも虫博士になれる!

みんなが寝ている夜、虫たちの世界はどうなっているの? 昼と夜、地上と地中、そして水中…ふだん見られない世界を、大迫力の絵で楽しめます。
虫好きの子はもちろん、虫が苦手な子も夢中になること間違いなし。
絵を楽みながら、虫の生態を学べます。

●昆虫博士・丸山宗利先生もオススメ!
昆虫を観察すると、環境や季節を知ることができる。
社会が自然から離れ、季節感さえ失われつつある今、この絵本は、子どもたちにとって新しい世界への入口になるだろう。
――昆虫学者・丸山宗利
  • ISBN コード : 9784041112885
  • サイズ : A4判 変形 総ページ数: 32ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 208 × 256 × 8.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●じゅえき太郎:1988年東京生まれ。イラストレーター、画家、漫画家。第19回岡本太郎現代芸術賞入選。身近な虫をモチーフに、さまざまな作品を制作する。「ゆるふわ昆虫図鑑」(@64zukan)のTwitterやInstagramが人気。主な著作に『すごい虫ずかん ぞうきばやしを のぞいたら』『すごい虫ずかん くさむらの むこうには』『ゆるふわ昆虫図鑑 ボクらはゆるく生きている』『じゅえき太郎の 昆虫採集ぬりえ』(KADOKAWA)、『じゅえき太郎のゆるふわ昆虫大百科』(実業之日本社)など。いちばん好きな昆虫はタガメ。
●須田 研司:むさしの自然史研究会。多摩六都科学館や武蔵野自然クラブで、子どもたちに昆虫のおもしろさを伝える活動に尽力している。監修した主な作品に絵本「すごい虫ずかん」シリーズ(KADOKAWA)、『じゅえき太郎のゆるふわ昆虫大百科』(実業之日本社)、『世界でいちばん素敵な昆虫の教室』(三才ブックス)、『もしも虫と話せたら 昆虫が教えてくれた生きづらい世の中を生き抜く自然の鉄則15』(プレジデント社)、『なぜなぜ?こん虫ふしぎ図鑑』(チャイルド本社)などがある。いちばん好きな昆虫はミヤマクワガタ。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品