月刊星ナビ 2021年10月号

月刊星ナビ 2021年10月号

星空や宇宙、天体写真、天体望遠鏡に興味のある人のための天文情報誌
定価: 1,080円(税込み)
発売日:2021年09月03日
特集では科学的な目線で「土星のリング」の謎に迫ります。さらに、見ごろを迎える土星と木星の観望ポイントを解説。

■表紙画像
探査機「カッシーニ」が撮影した「北極方向からの土星とリング」です。400年以上前にガリレオによって発見されて以来、私たちはその美しい姿に魅了され続けてきました。

■変化と形成・終焉のビジョン 土星のリング・ワールド
人気No.1の惑星・土星の魅力といえばなんといっても「リング」。そんな謎に包まれた土星のリングについて、観測の歴史から探査機による最新成果まで紹介。土星のリングを見る目が変わるかもしれない特集です。

■太陽系の巨人木星と人気No.1の土星
8月に相次いで衝を迎え、9月から10月にかけて見ごろの時期となる木星と土星。長きにわたり観測を続けてきた阿久津さんに、二つの惑星の観測ポイントを聞きました。

■Deepな天体写真 市街地で星雲写真1 光の海の底で星雲を拾う
市街地の星雲撮影を阻害する主な要因といえば光害。そんな環境でも撮影方法を工夫することで美しい写真を撮影することができます。フィルターやモノクロカメラなどを使用した撮影の工夫を紹介します。

■大日本沿海輿地全図 伊能忠敬のあしあと
日本全国を測量し高精度な地図を製作した伊能忠敬。当時としては驚異的な技術で作り上げた「大日本沿海輿地全図」は地道な測量作業と天体観測によって生まれたものでした。「伊能図」の完成から200年となる今年、伊能忠敬の足跡を辿ります。

■Topics & Reports 1等星の知名度調査
明るく輝く1等星。あなたはいくつわかりますか? 天文ファンではない大学生に「1等星の知名度」アンケートをとってみたら、意外な結果が見えてきました。
  • JAN コード : 4910134811013
  • サイズ : A4判 変形 総ページ数: 112ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 210 × 277 × 6.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品