菅江真澄 図絵の旅

菅江真澄 図絵の旅

編・解説: 石井 正己
1,650円(税込)
発売日2023年01月24日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044006792
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 18.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

祭り、信仰、大自然。200年前の日本を描いた貴重なカラー図絵112点

江戸時代、菅江真澄という漂泊の旅人がいた。北東北や南北海道をくまなく歩き、好奇心のおもむくままに筆をとる。男鹿半島、八郎潟、白神山地の絶景。恐山、おしらさま、なまはげ、避疫神の信仰。火山、瀑布、奇岩がおりなす大地の風景。雪国の生業、海の幸と山の幸から、アイヌの暮らしや縄文土器まで――。森羅万象を描いた貴重な図絵112点をフルカラーで収録。民俗学、文化遺産、ジオパークの先駆けになった旅人の眼差しに迫る。

著訳者プロフィール

●菅江 真澄:1754年生まれ。江戸時代中期の国学者。本名は白井秀雄。賀茂真淵の門人である植田義方のもとで国学を学んだ後、各地を旅して庶民の生活や習俗を観察し、日記と図絵に記録。『真澄遊覧記』として、近世の民俗誌的記録として高い価値が認められている。1829年、没。
●石井 正己:1958年東京都生まれ。国文学者・民俗学者。東京学芸大学教授。著書に『文豪たちの関東大震災体験記』『図説 遠野物語の世界』『図説 古事記』『図説 源氏物語』『遠野物語の誕生』『感染症文学論序説』など多数の著作がある。

目次

I 信濃・南部・蝦夷地の旅
II 下北・津軽の旅
III 秋田の旅(1)
IV 秋田の旅(2)
V 地誌の旅
VI 図絵の旅(1)
VII 図絵の旅(2)
 ナチュラルヒストリーとして見る菅江真澄の図絵
最近チェックした商品