テウトの創薬

テウトの創薬

1,925円(税込)
発売日2022年03月24日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041123294
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 328ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 132 × 188 × 23.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

地方発、世界行き! ホットな創薬業界の開発競争を描くエンタメ企業小説!

世界の新薬の6割を生みだす、創薬ベンチャ―の知られざる世界!
カイコを利用する新技術でバイオ医薬品の生産を目指すトトバイオサイエンスの研究開発部長の進藤颯太郎は、工場で起きた事件をきっかけに同社の科学顧問で上州大学医学部教授でもある加賀義武の本性を知る。事件後、加賀と袂を分かったトトバイオと進藤は、新たな科学顧問探しと新薬開発を進めるが、加賀の妨害工作でトトバイオの株価は下落する。さらに帝央製薬と手を組んだ加賀の狙いは――。
研究の理想とベンチャー企業の綱渡り経営の現実がせめぎ合う、リアル創薬業界物語!

著訳者プロフィール

●岩木 一麻:1976年、埼玉県生まれ。埼玉県在住。神戸大学大学院自然科学研究科修了。国立がん研究センター、放射線医学総合研究所で研究に従事。現在、医療系出版社に勤務。第15回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、2017年に『がん消滅の罠 完全寛解の謎』でデビュー。他の著書に『時限感染』『がん消滅の罠 暗殺腫瘍』がある。
最近チェックした商品