王妃さまのご衣裳係2 友愛の花は後宮に輝く

王妃さまのご衣裳係2 友愛の花は後宮に輝く

770円(税込)
発売日2022年04月21日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041123973
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

没落貴族の少女は成長し、世界の姿を知る。爽やかな中華青春物語、第2弾!

没落貴族の娘、今度は国の威信をかけたデザイナーになる!?
つい応援したくなる、痛快な中華青春後宮ファンタジー!

涼国(りょうこく)の没落貴族の娘・鈴玉(りんぎょく)が後宮の女官となって2年余り。
廃妃をめぐる大事件を乗り越え、王妃の衣裳係として平和な日々を送っていた。

そんな折、宗主国である天朝より、涼王の異母妹の明安(めいあん)公主を輿入れさせよとの命が下る。
後宮の殿舎同士で公主の嫁入り道具の衣裳を競作することになり、鈴玉は腕利きの尚服局女官と組むことに。
だが2人の仲は険悪で、公主の意向や好みも分からないと、問題は山積み。
さらに王を狙う不穏な動きに巻き込まれて……!?

著訳者プロフィール

●結城 かおる:小説投稿サイトで作品を発表し、第5回角川文庫キャラクター小説大賞最終候補作に残った「涼国賢妃伝〜路傍の花でも、花は花〜」を改稿・改題した『王妃さまのご衣裳係 路傍の花は後宮に咲く』でデビュー。

目次


第一章 鈴玉、明安公主を知る
第二章 鈴玉、難題に奮闘す
第三章 鈴玉、銀漢宮へ使いす
第四章 鈴玉、橋上より人を送る
最近チェックした商品