三世代探偵団 生命の旗がはためくとき

NEW

三世代探偵団 生命の旗がはためくとき

792円(税込)
発売日2022年09月21日
販売不可商品
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041127360
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

止まらない怪事件の連鎖。女三世代が大活躍の痛快ミステリ第3弾!

女子高生の令奈は通学途中に、ふと覗き込んだ車中で男が刺殺されているのを発見する。男は駆け落ちして姿を消した姉・美樹の名前が書かれたメモを持っていた。一方で、美樹は婚約者が裏組織の息子と知り、口封じのため命を狙われていた。さらに組織は対立相手と武力闘争を起こそうとしていて……。天才画家の祖母、マイペースな母と暮らす娘の有里。友人の家族が巻き込まれた抗争に、天本家の三世代が立ち向かう!

著訳者プロフィール

●赤川 次郎:1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

目次

プロローグ
1 入試
2 校舎の暗闇
3 別世界
4 まさかの朝
5 よくある話
6 名もない男の名前
7 家の中
8 秘密
9 ツイてない話
10 禁断の扉
11 つながる
12 招かれざる客
13 一触即発
14 逃走
15 間隙
16 命の重さ
17 犠牲
18 生命の闘い
19 戦いすんで

解説 中江有里
最近チェックした商品