大奥の陰陽師

NEW

大奥の陰陽師

770円(税込)
発売日2022年08月25日
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784049146196
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 320ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

安倍晴明の血を引く陰陽小町と全てを見通す式神コンビが大奥の怪異を討つ!

 時は徳川が統べる江戸時代。安倍晴明の血を引く雲雀は、町で噂の陰陽小町。物の記憶を覗ける妖狐の式神、葛忌ととともに、父の仕事を手伝い暮らしていた。そんな平穏な日々が、ある日急転する。
 雲雀はその腕を買われ、将軍吉宗お抱えの陰陽師として大奥の隠密の命を賜ることに。
 憧れの将軍に仕えることを喜ぶ雲雀。だが、大奥は伏魔殿とも揶揄される女の園。女達の愛憎渦巻く陣中、雲雀と葛忌は「大奥の陰陽師」として、伏魔殿に潜む怪異の正体を暴くため奮闘する。

著訳者プロフィール

●つるみ 犬丸:奇想天外な設定とさわやかな青春描写に定評がある。著作に「ハイカラ工房来客簿」「日本酒BAR「四季」春夏冬中」「閻魔大王のレストラン」(メディアワークス文庫)など。

目次

プロローグ
一章 鳴かない猫と禁じられた恋
二章 あの人の赤ん坊、そして呪いの藁人形
三章 大奥の陰陽師
エピローグ
最近チェックした商品