80歳のスパイス屋さんが伝えたい人生で大切なこと

NEW

80歳のスパイス屋さんが伝えたい人生で大切なこと

1,650円(税込)
発売日2022年08月25日
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046059703
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 130 × 188 × 13.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

生きることは、食べること  料理することは、愛すること

福岡県久留米市に住む吉山武子さんは、40年前から「スパイス一筋」。スパイス料理の教室を開いたり、スパイスやハーブの販売などの仕事を続けてきましたが、なんと! 74歳でスパイス専門店を開きました。

小さいお店ですが、ランチで提供しているスパイスカレーは、持ち帰りも含めて売り切れになるほどの人気。

本書では、吉山さんのふだんの暮らしぶりや食生活、これまでの経歴などのエッセイと共に、スパイスを活用するアイデアやレシピも紹介しています。

高齢になっても輝き続けるシニアの生き方エッセイと、すぐ実践できて毎日手軽に作れる、体によいスパイス料理の情報が両方楽しめます。

【本人コメント】
日々の小さなできごとに楽しみを見つけながら、80歳の今を、精一杯生きています

著訳者プロフィール

●吉山 武子:スパイス料理研究家。40年前、インドからスパイスを仕入れている会社の社長が作ってくれた、「ルーを使わないスパイスカレー」のおいしさに感動。「スパイスのすばらしさを日本に広めたい」という気持ちから、スパイスの研究を始める。1982年より自宅や移動形式でスパイス教室をはじめ、スパイスを通じて料理を作る愉しみ、食べるよろこびを草の根運動的に伝えてきた。74歳から、福岡県久留米市にあるスパイス専門店「TAKEKO1982」主宰。

目次

CHAPTER1  80歳、スパイスのある豊かな暮らし
CHAPTER2  スパイスに魅了された人生
CHAPTER3  「TAKEKO1982」の誕生
CHAPTER4  スパイスの冒険は続く
  巻末    TAKECO’sスパイス料理レシピ
最近チェックした商品