カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

MYSTERY&ADVENTURE BOX 01 焚家

共著: 安田均/グループSNE
共著: こあらだまり/グループSNE
企画・制作: グループSNE
イラスト: ttl
3,850円(税込)
発売日2022年12月28日
在庫がありません
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784049147438
  • サイズ :A5判 変形   総ページ数: 128
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 150 × 210 × 33.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

KADOKAWA×グループSNEのマーダーミステリーシリーズ第1弾!

『九頭竜館の殺人』『何度だって青い月に火を灯した』など、人気マーダーミステリー作品を手掛けるグループSNEがKADOKAWAとタッグを組み、新たなマーダーミステリーシリーズを立ち上げます。その第一弾となるのが、アメリカの「幽霊屋敷」を舞台とした本格派ホラー『焚家』(ふんけ)です。幽霊屋敷に集められた関係者とそこで起こる不可解な殺人事件を扱う内容で、幽霊屋敷の探索とそこで起こるイベントを通して、事件の真相に迫ります。著者はグループSNEの安田均・こあらだまり。イラストレーターはttl(代表作『Dジェネシス』(エンターブレイン))。
【ストーリー/あらすじ】
舞台は現代、アメリカ・ニューイングランドの地方都市。大富豪グレッグ・モリスは街のはずれの丘の上に屋敷を建てた。しかし、完成してみると、館には暗い影が落ちることになる。建築にかかわった者たちの不可解な死や行方不明。館周囲での不気味な現象の数々。美しい新築の館は、幽霊屋敷だと噂されるようになり、館の主のグレッグ・モリスとその妻も、館に引きこもり、人前に姿を出さなる。そんな中、グレックの息子、設計士、新聞記者、霊媒少女、精神科医、収集家の6人が館に招かれる。これが惨劇の始まりとも知らずに……。

【ゲーム情報】
プレイ人数:5〜6人(GMレス)/プレイ時間:180分/対象年齢:14歳以上

【内容物】
ルールブック 1冊/キャラクター設定書 6冊/情報カード 116枚/エンディングブック 1冊/館の地図シート 1枚