カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

午後4時。透明、ときどき声優1

著者: 岬 鷺宮
イラスト: いちかわ はる
726円(税込)
発売日2023年06月23日
在庫がありません
電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046824417
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 328
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 15.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

これはわたしが、お芝居という「運命」に出会う物語──!

わたし、山田良菜は『無色透明』で地味な女子高生。
憧れの創作に挑んでも全く目立たず、自分は脇役だなんて諦めにも慣れてしまった。
そんな高3の春、突然目の前に現れたのはわたしと同じ声の超人気声優・香家佐紫苑! 
彼女が言った、“世界中で良菜にしか頼めないこと”は……。

「わたしと──入れ替わってくれない?」

素人の私が、紫苑の替え玉声優に!? 絶対に無茶……! 
でも、やってみたいと思ってしまった。『わたしの声』が必要とされて、胸が高鳴った。
紫苑に変装して飛び込んだ、痺れるようなアニメ作りの世界。
意外にもそこには、透明なわたしにしかできない芝居があって──!