後宮の毒華 夏炎の幽妃

後宮の毒華 夏炎の幽妃

770円(税込)
発売日2023年08月24日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041137963
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 320ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

あらゆる毒に通ずる妃と、身代わり妃として後宮に潜入した少年が謎を解く!

時は大唐。後宮で失踪した姉に代わり、
弟の高玉蘭は身代わり妃として奮闘中だ。
夏の初め、玄宗皇帝の寵妃・楊貴妃の発案で、
後宮の妃嬪が集う盛大な宴が開かれることに。
そこには高名な詩人・李白も招かれていた。
しかし彼は楊貴妃ではなく玉蘭に詩を捧げた上、
酒に毒を混入した疑いをかけられて……。
掟破りな公主様や、後宮に起こるという火焔妃の祟りなど、
夏の後宮は事件に満ちて。
毒妃と身代わり妃の後宮事件簿、第2弾!

著訳者プロフィール

●太田 紫織:北海道札幌市出身。旭川市、道東など各地に居住歴があり、北海道をこよなく愛す。趣味は読書と旅行、犬を撫でること。ソフトクリームはさらさら派。旭川ラーメン党。
著作に「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」シリーズ、「昨日の僕が僕を殺す」シリーズ、「涙雨の季節に蒐集家は、」シリーズ(すべて角川文庫)、「オークブリッジ邸の笑わない貴婦人」シリーズ(新潮文庫nex)、『あしたはれたら死のう』(文春文庫)などがある。

目次

第一集 玉蘭、酔っ払い詩仙を救う
第二集 玉蘭、羊公主のお輿入れに奮闘す
第三集 玉蘭、夏の夜の怪異に戦く
最近チェックした商品