カドカワストア

  • ゲスト様
  • 会員登録
  • ログイン

マキとマミ〜上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話〜 (3)

あの時は知らなかった。好きなものを好きと言えることは、こんなにも嬉しい